身分

我が国日本には、昔々の徳川幕府の江戸時代に、わけのわからない身分制度がありました。

いわゆる一つの士農工商。

変な身分制度。。。

そういえば、「商」がいちばん下の身分だったっていうのは、どうも間違いではないのか?という説が力をつけてきているようです。

ややこしい性格の歴史研究家あたりが、これまでの歴史上の既定概念に因縁をつけて、いちいち研究室にある参考文献を繙いて、重箱の隅をつつくかのように調べ上げたんでしょうかね?

まあ、「商」が「士」より下の身分だったのは間違いないようですが。

どうでもいいか、そんなこと。

もう寝よう。

Write a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です